The University of Tokyo Faculty of Medicine Track and Field Team

高橋怜央奈

出身校
パート 中距離
PB 400m 51.61, 800m 2'02"69

2年生にして我が部エースの俊足ランナーです。 その急成長ぶりはすさまじく、記録会に出れば常にベストを出し、マイルではアンカーで好走をしてまさに絶好調です! この調子で是非、将来的には400・800のダブル鉄門記録の更新を期待したいところですね! また、レオナくんの活躍は昼のトラックのみにとどまりません。大会後のレセプションでは低くて甘い関西弁を駆使した流暢な会話回しで、他大学の方々にもその名を轟かせています。夜のトラックの帝王になる日も遠くないですね♡

この急成長の背景には… 本人曰く「プライベートの充実が大事」との事ですが、 去年の他己紹介では「陸上が恋人」と書かれているレオナくんに一体何があったのですかね?モテすぎぃぃぃ~うらやまCCC

そんなレオナくんの最強にして最大のライバルは主将の力石君です。 種目こそ被っていない2人ですが、日々、相手よりも自分がカッコイイ男になるためにしのぎを削っています。力石君が炎を吐けば、レオナくんが突風を巻き起こし、力石君が空を飛べば、レオナくんが深海に潜る勢いで火花をバチバチ散らし合っています。

レオナくんの陸上にもイケメン戦争の行方にも目が離せませんよ。

近藤右京

出身校
パート 短距離
PB 走幅跳 4m34
近藤右京。彼は自らのインパクトを世界中に広めるべく8月からカナダで修行中だ。 遡ること約2ヶ月前。その日は筆者と彼を含めた5人でドライブをしていた。彼の運転中にたまたま成績発表があったため後部座席の友人に確認を頼む右京氏。その時だった。 友「え、生命科学実験不可ってる。」 一瞬で車内の空気は凍りつき、パニクった右京氏は対向車にぶつかりかける。そう、生命科学実験は落とすと留年が確定する単位なのだ。その日から彼は変わってしまった。1週間も食事が喉を通らず痩せ細った右京氏。しかしある日突然目に輝きが戻る。 右「俺、カナダに留学してくるわ。」 そう、 留学をすると「留学するために自ら留年した」という最強のフレーズが使えるようになるのだ。さすがは奇抜な発想の持ち主である。 そんな彼は、カナダの広大なる大地で毎日走り回って日本人を超越した肉体を手に入れるそうなので12月の帰国を楽しみにしたい。

田中大智

出身校
パート 中距離
PB 800m 2'16"66, 1500m 5'00"85

田中大智。 あの田中亮平先輩の弟であり、立ち居振る舞いや話し方は酷似の極みである。入部当初は見た目もそっくりだったが、パーマをかけたりコンタクトにしたりと差別化を図っているようだ(失礼)。一時期部活からフェードアウトしそうになっていたが(失礼その2)、最近また陸上への情熱を取り戻したようで時々目標を語ってくれる。アツイ男。

野田葵

パート マネージャー

野田さんは鉄門陸上部のマネージャー二年生です。魅力あふれる彼女は陸上部の華のような存在です。私の同期のa君は、「あんなに美人な人を僕は見たことがないなぁ」と、驚嘆の念を禁じ得ない様子でした。 そんな野田さんは、二年生となった今、威厳を出すことに努めていらっしゃるらしいです。今でもしばしば「あおい様」と呼ばれているほどなのに、この先どのようなオーラが彼女から発されるのか予想もつきません。 遠くから通っていて大変な中、笑顔で仕事をして下さる野田さんには感謝しかありません。これからもよろしくお願いします。

福住奈央子

出身校 学習院
パート マネージャー

通称ずみちゃん。

ドイツ留学経験があり、ドイツ語既習クラスに所属するツワモノ。もともとイギリスからの帰国子女であり、英語も堪能。グローバルとは彼女の代名詞であろう。

入部2週間にして華麗なウォッチ捌きを披露し部員を驚かせた。それもそのはず、中高陸上部であり部長まで務めた彼女にとってはウォッチなど自分の手足同然である。 去年は某私大に通いつつ社畜として働きつつ農業サークルで野菜を作りつつ東大に受かってしまったというキャパシティの持ち主。そのキャパシティの広さを存分に生かして日々マネージャー業をこなしている。中高の高跳びの経験を生かし部員にアドバイスする姿もたびたび見受けられる。

一見ただの真面目な人にも見えるが、面白い返しをしようと日頃から心がけており、些細なことにオーバーな反応を示してくれてけっこう面白い。気になる人は突っついてみよう。

森本啓太

出身校 北嶺
パート 投擲
PB 砲丸投 7m94

北海道からやってきたパワーキャラ.主に砲丸投と最近はハンマー投に取り組んでいる(やり投も嗜む). (U.K.君を筆頭とした同期にヤバイ絡み方をする以外は)寡黙な好青年である. 高校時代運動部には所属していなかったのにウェイトが趣味だったというだけあり,そのパワーは鉄陸の投擲パートでもトップクラスである.技術さえ追いついてくればかなりの戦力となって活躍してくれることであろう.

根井晴樹

出身校 福岡県立筑紫丘
パート 跳躍
PB 走高跳 1m75, 走幅跳 5m55

バスケをやっていた経験をいかして跳躍パートで活躍し、新潟戦や東医体の高跳びで自己ベストを連続更新したのが、そう彼、根井である。 彼はとても優しい。跳躍のやり方を丁寧に教えてくれるだけでなく、大会で昼食を忘れた後輩に自分のパンを分け与えてくれる。この地球上で自分のパンを分け与えてくれる人間が彼の他にいるだろうか。

また、彼は会話でとある語録を使いこなす。彼の会話からは知性の溢れる様を垣間見ることができるだろう。

司馬康

出身校 渋谷幕張
パート 長距離

司馬 康(しば やすし)さんは、種目は長距離で、5000mをメインに走っていらっしゃる方です。中学・高校とがっつり文化系の部活だったにも関わらず、大学から陸上を始めたというなかなか稀有な経歴の持ち主です。陸上部に入部した理由は「なんか走るのが好きだったから」だそうで、長距離という種目を選んだ理由は「どう考えても自分に向いてる」とのこと。なんだかすごいポテンシャルを秘めていそうです……!

また、陸上の傍ら現在もピアノを続けていらっしゃる他、2年生にして早くも研究室を決められたそうで……。もうすごいです、いろいろ抜かりないです、爪の垢を煎じて飲みたいです。

そんな司馬さんに私も長距離パート直属の後輩としてお世話になっております。これからも司馬さんの背中について頑張っていきます!よろしくお願い致します!

内山咲良

出身校 筑波大附属
パート 跳躍
PB 走幅跳 5m55, 100m 12.72

★さくらちゃんのすごいところ★ やっぱりみんな気になると思うのでまとめました。これ忘れてるよ!っていうのがあれば6女にこっそり教えてください。

■走幅跳がすごい 言うまでもない。高校時代はインハイ出場、大学では東大記録をストイックに更新し続けています。

■他の種目もすごい なんか垂直方向にも跳べるし跳びながら100m走ったりもできる。跳ばないで普通に走るのも速い。2年生の東医体では金金銀銅のメダルコレクターです。立てば優勝、座れば1位、歩く姿は金メダル、みたいな存在。

■成績優秀 TLPとか第二外国語が97点とか言ってすごさがおわかりいただけるでしょうか。ぎりぎりで生きてきた筆者には正確なところがわかりませんが、たぶんさくらちゃんにフランス語で人生の悩みを相談したらフランス語で素晴らしいアドバイスが返ってくると思います。今年の秋には大学のプログラムで語学留学します。

■家族愛 時々弟さんに作ってあげてるお弁当がとっても可愛くて美味しそうなんです!さくらちゃんにお弁当を作ってほしい部員は数知れず。筆者はオムライス希望です。

■運転もできる! 運転ほんと苦手なんです〜と言いながら最近きっちりMT免許を取得しました。えらい。教習という名目で助手席を狙う先輩男子がいるとかいないとか。

■めっちゃ大人 部内で一番オトナ…なのはもちろんAざわ氏ですが、彼をして「内山さんは精神的に一番大人だと思う」って言わしめていました。とても未成年とは思えない包容力。

高校時代に出した幅の自己ベスト更新が目下の課題のようですが、きっとすぐに見せてくれることでしょう。あと4年応援できるのが楽しみです。